パソコン01

対物賠償保険とはその名の通り物に対して適応される保険のことで他人の財物に傷をつけたり壊してしまった場合に補償される保険です。ここでいう他人とは1個人ではなく、企業や国も含みます。具体的には他人の車にぶつけてしまった場合はもちろん、ガードレールに突っ込んでしまった場合や店の看板やお店自体を車で突っ込むなどして壊してしまった場合です。さらにこれら財産としての物だけではなく、物が壊れたことに発生する間接的な被害も補償の対象になります。
例えばバスやタクシーを事故によって壊してしまった場合の修理が終わるまでの休業損失などが支払われます。同じようにお店を壊してしまった場合は修理が終わって元通り営業を再開できるまでの営業損失分が補償されます。日本のドライバーであれば必ず加入しなければならない強制保険である自賠責保険には被害者に対する補償だけであり、物は一切補償されないので、ドライバーのほぼ全員が任意保険でこの保険に加入しています。
お金が厳しい人でも、車のを買うお金を少しこの保険に回してでも加入すべき保険です。
車の購入費を節約して中古車を買っても安くて素敵な車は買えますが、
保険の加入費を節約して対物賠償保険に加入しないで事故を起こしてしまったら元も子もありません。
中古車にもメリットは沢山あります。詳しくは中古車の魅力に迫るをご覧ください。
対人賠償保険と同じく非常に重要な保険です。この保険に入っていない場合に物に損害を与えてしまった場合は修理代以外にも営業損失・休業損失を支払わなければならないことがあるため非常に高い額を請求されることがあります。保険を契約する際にはいくらまで支払われるか限度額を設定しますが多くの方が無制限を選択します。