直接損害に含まれるもの

| 未分類 |

対物賠償責任保険には、直接損害と間接損害があります。このうち、直接の損害とは、その事故が起こったことによって発生した損害そのものことを指します。例えば、事故相手の自動車、建物などの修理費用、信号、ガードレール、フェンスなどの修理費用などです。これらに対して、間接損害は、事故が起こらなかったのであれば、得られるはずだった利益や、事故が起こったことで失われてしまった将来の利益について、補償します。

}PgžxQ
そのため、間接損害は、商店などの建物、事故相手の車がバスやタクシーだった場合、休業損害も含まれてくるため、高額になってしまいます。

 
しかし、直接の損害の場合も、事故で壊した建物が立派で高額な建物であったりした場合も、高額になってきます。信号も数百万円の設置費用がかかるため、かなり高額になってしまう可能性があるのです。その他、事故相手の車が1千万円を超える高級外車などの場合も、大変なことになります。

 
また、この対物賠償責任保険は、自賠責保険にはなく、任意保険でのみ加入が可能です。高額な賠償請求がされる可能性がありますので、しっかりと加入しておくようにしましょう。また、対物賠償責任保険に加入する場合は、無制限のものに入っておいた方が安心です。