間接損害に含まれるもの

| 未分類 |

保険用語の中に間接損害という用語がありますが、これは事故などによって生じた、二次的な損害を指す言葉です。

 
たとえば、車が建物に衝突したことにより、その建物にある店舗が営業できない状態になったとき、営業ができないことによる収益の低下などが、この損害にあたります。

 
自動車保険では、対物賠償保険によって、この損害に対する保証を受けることができます。

 
上記の例のほか、タクシーのような業務車両と衝突した際に、相手の車両が使えなくなることによる休業損失も、間接的に与えてしまう損害です。

 
この場合も、対物賠償保険が、被害額を補償してくれます。

 
このような休業損失は、思いのほか高額になるものです。

 
また、間接的に相手に与える損害に、相手車両や建物に与えた直接的な損害を加味すると、賠償金はかなり高額になってしまう場合があります。

 
このことから、対物賠償保険の補償限度額を無制限にしておくことを、各保険会社は推奨しています。

 
車を運転する限り、自動車事故の加害者になる可能性はゼロではありません。

 
また、大きな損害を相手に与えてしまう可能性もあります。

 
そんな自動車の運転において、直接的な損害から間接的な損害まで、幅広く補償してくれる対物賠償保険は、とても重要なものなのです。