商業施設の逸失利益

| 未分類 |

自動車を所有するには、走る分だけガソリンが必要なほかにも、自動車税や保険などの諸費用が必要です。
 

保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 

強制加入の自賠責保険は、事故の加害者が十分な資力を持っていないときでも、被害者が最低限の補償が受けられることを目的にしています。そのため、運転者自身の傷害や、運転者、相手方それぞれの車を含む、モノの損害は補償の対象になりません。
 

これらの損害まで補償するためには、任意加入の自動車保険が必要です。

 

任意保険では、補償内容を、事故の相手方、運転者、同乗者、対物など、それぞれ細かく設定することで保険料を節約したり調整することができます。

 

事故で、商業施設に損害を与えた場合、原状を回復するための修繕費用だけではなく、営業できない期間の逸失利益の補償も必要です。商業施設に交通事故で損害尾を与えてしまった場合、修理代は実費なので、相手のお店の内容で大きく変わることはありませんが、営業ができないことによる損失は、繁盛店では金額も大きくなります。
 

補償の金額を手厚く、上限を大きくすれば、それだけ保険料にも反映して高くはなりますが、必要な備えが不足していてはかける意味自体がありません。
 

保険料を抑えることだけではなく、補償内容とのバランスが大切です。