建物の修理費用

| 未分類 |

保険用語のひとつである直接損害とは、担保危険が直接的な要因となって生じた損害を指す言葉です。

 
自動車保険の場合は、保険のかかった車の運転中に人や物に接触したときに、相手に直接与えてしまった損害が、直接損害となります。

 
自動車保険には、対人賠償保険と対物賠償保険が必ずついていますが、事故相手の車や所有物などに直接損害を与え、賠償責任が生じた場合は、対物賠償保険によって、加害者の責任の範囲で保険金が支払われます。

 
たとえば、事故によって損壊させた建物の修理費用も、対物賠償保険によって支払われるのです。

 
単独事故によって、家屋などに損害を与えた場合、事故を起こした人には、その家屋の損害箇所を事故で損傷する前の状態に修理する責任が生じます。

 
修理に必要な金額は、その家屋の持ち主と保険会社の間で決定されます。

 
ただ、必ずしも保険会社が、修理に要する金額を全額負担してくれるわけではありません。

 
保険には免責金額があり、この金額を超える賠償責任が生じた場合は、被保険者は、免責金額を自己負担する必要があるのです。

 
免責金額は、契約している保険によって違います。

 
また、対物賠償保険によって支払われる金額は、無制限に設定することが一般的になっていますが、補償金額が無制限でも、免責金額の負担は生じます。